早起きはどのくらい健康に影響する?

公開日:  最終更新日:2015/09/11

元来、人間の身体は朝起きて夜眠るように構築されています。

文明の進展により実行できるようになった、眩しく電気を発光させて活発になる「夜型生活」は人間の本質には適切ではないのです。今何時が分からない真っ暗なところで生活すると、周期が変わって、1日25時間で過ごすように変わっていくことがわかっています。それを地球の自転にシンクロさせて、毎日毎日24時間になるよう、我々は常に知らず知らずのうちに勉学に励んでいるわけです。これより「朝活」に取り組もうと決心している方、「朝活」に取り組み始めたけど繰り返し投げ出している方、心配ありません。生活時間は己自身で操作することができる、ということがきっと伝わったと思います。その方法は、身体を動かすことです。
身体を動かすと、前頭前野がアクティブになります。まずは朝起きて、身支度などの行為を行うことで脳を目覚めさせましょう。
『養生訓』では続けて、活動して代謝をあげることは、前頭前野を活発化させて、利口になることにも繋がっていくのです。

前頭前野をトレーニングすることは、頭の回転が速くなるということにもつながります。
「利口になる」というと困難な本を閲覧したり頭にいれたり、という印象を有する方も多くおられるかもしれません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑