目のダメージに効くセレンの効果とは

公開日:  最終更新日:2015/08/17

眼精疲労になってしまうと、例えば目がしぱしぱしたり、日が暮れると視界がかすみ、近いところや遠いところに焦点が定まらなかったりします。それ以外にも目の充血や目の奥の痛み、まぶたがあきにくくなるといった状況になります。眼球のほかにも深刻な症状に発展してしまう場合もあります。

同じポーズを長い時間にわたって継続させると肩や首周りの筋肉も動かなくなって、筋肉疲労を引き起こします。
さらに、血行が悪化すると、発生した活性酸素がたまっていきます。活性酸素をそのままにすると頭が痛くなる、肩が凝るなどの症状が現れるほか、目に様々なダメージを与えます。

近頃、ドライアイは眼精疲労の原因として関心を集めていますね。コンタクトの長時間の使用による酸素不足の慢性化、間違ったケア、涙があまり出ないなどの事態がつづいてしまうと、眼精疲労のきっかけに眼精疲労となってしまうのです。

セレンも抗酸化作用を有していますね。

セレンはがん予防に効き目があると言われていますねが、その作用で血管を守り、目の周囲の血液循環を向上してくれます。

セレンは海産物にたくさんふくまれていますね。さらに魚介類は生活習慣病などの防止に繋がるため、意欲的に摂取していきましょう。

長時間、同じ体勢のままでいると、眼球周りの筋肉と眼球の奥の筋肉が固まります。
そのため、筋肉に負荷がかかり、眼精疲労となると推定されていますね。

眼球の周囲の筋肉と首にある筋肉図らだ全体の筋肉とつながっていますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑